女性でも出来る?タイヤ交換方法

ヴィヴィオのタイヤ交換方法です。
長距離ドライブに行くならタイヤ交換ぐらいは出来た方がいいですよね。

女性でも出来るとタイトルに書いていますが、この通りやればたぶんできます。
大変なのはジャッキアップとスペアタイヤを取り出す作業だと思いますが、そこは気合で行きましょう。


作業するときは軍手なんかをした方が手が汚れにくいし、あちこちぶつけて痛い思いをしないので用意して車に積み込んでおくといいと思います。

作業は車載工具で出来るように説明します。

スペアタイヤとジャッキの場所

スペアタイヤとジャッキはトランクの下にありますので、トランク内の床の部分を持ち上げると出てきます。

ジャッキを取り出す

ジャッキはボディ側のツメに押し上げた状態で固定されているので、ジャッキを手で緩めて上から押しつぶして引っ張り出します。

ジャッキの横にクルクル回すハンドルもあります。
コイツを取り出す時に勢いあまって手をぶつけやすいので気をつけてください。

ホイールナットを緩める

まずジャッキアップの前にホイールナットを緩めます。

ナットはまだ外さないで下さいね

あとジャッキで上げた後にホイールナットを緩めようとしてもタイヤがクルクル回るだけです。

レンチを左回りに回すと緩むのですが、体重乗せても回らないと思いますので、写真の状態で蹴っ飛ばしてください。

ただし、しっかりナットにはめた状態でやらないとナットをなめてしまうので気をつけてください
ナットが緩んだらジャッキアップです。

ジャッキを上げる場所が決まっていますので、凹んでいる所に合わせてください


ついでに上写真のレンチは、助手席の車検証が入っているboxに入っていると思います。
右の写真はリヤ側のジャッキアップする場所を裏側から撮ったものです。

ボディの頑丈な部分に乗るようになっています。

別の場所でジャッキを上げるとボディが潰れるので決められた場所でジャッキを使いましょう。
タイヤが浮くまで持ち上げたらナットを外してタイヤを引っこ抜きます。

はずしたタイヤはボディの下に置いておきます。

なぜか?というとジャッキが外れたときの為です。

スペアタイヤを取り出す。

トランクからスペアタイヤを取り出すのですがホイール部分が出っ張っているのでボディを傷つけやすいです。

さらに狭い場所なので、スペアタイヤを持ち上げて取り出すのは女性にはキツイと思います。
そこで!
私が考えたスペアタイヤを取り出す方法は、左の写真のようにスペアタイヤの下にボードをタテに突っ込みます。

そして、スペアタイヤを引っ張り出せば簡単に取り出せます。

タイヤ取り付けます。

ホイールナットを軽く締めこんだらジャッキを下ろし、ナットを本締めします。

抵抗が出るまでギュッとしめたら対向側のナットも同じ力で締めます。すべてのナットを締めたら、また、最初に締めたナットを締めて何回も少しずつ締めます。

最後は、軽く体重をかけて動かなくなればちゃんと締まっていると思います。

      ↑これダメ
ホイールナットを締めるときよく見かけるのが、上の写真のようにレンチの上に乗っかって全体重をかけて締める人がいますが、コレやると壊れますのでやめてくださいね。

左のように手で締めてちょっと体重を乗せるだけでいいと思います。

カーショップではトルク11キロで締めていました。


戻る





Copyright(C)2006 kimamanafreest All Rights Reserved.

inserted by FC2 system